季節のこと

台風7号2018沖縄九州へ上陸はいつ?予想進路や飛行機と津波は

2018年になって早くも梅雨明け、そしてこれからは台風の季節がやってきますのね。

6月初旬に一度、台風5号が日本列島南部を通過したこともありましたが、今年も台風の被害や影響がたくさんでる可能性もあります。

そして6月29日(今日)また新たに台風の報道が入ってきました。

発生したのは台風7号で名前は「プラピルーン」です。2018年の台風7号はいったいどんな進路となっていくのでしょうか?

そこで今回は「台風7号2018沖縄九州へ上陸は?予想進路や飛行機と津波の心配は」というテーマでまとめていきたいと思います。

台風7号2018はどんな台風

今日(6月29日午前9時)日本列島の南で発生した台風7号「プラピルーン」ですが、この台風は沖縄、九州に接近するおそれがあるようです。

今日の午前9時の段階では、中心気圧が998hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に10キロの速さで西へ進んでいます。

これから徐々に北西のほうに進んでいき、沖縄や九州あたりに接近していく可能性が非常に高いということです。

また今のところ予想進路では、関西や関東のほうには行かず、韓国に向かって進路をとるようです。

 

ちなみに台風の名前である、プラピルーンというのは、タイが用意した名前です。

由来は雨の神という意味だそうですが、台風の名前というのは、「台風委員会」という委員会(日本やその他14カ国が参加している)が提案して、すでにいくつかの候補がある中から順番に名付けられていくとのことです。

台風7号2018沖縄や九州への影響は

台風7号はこれから防雨風域を伴い、6月30日から7月1日にかけて沖縄地方に近づいていき、どんどん風も強まっていく見込みということです。

最大風速は15メートル、最大瞬間風速は25メートルとかなりの防風になることが予想されているので、これはきちんと備えておかないと、何かしらの被害や影響を受ける可能性も出てきますね。

 

ちなみに15メートルというとどれくらいの風かというと、木が大きく揺れ、風に向かって人があるくのが困難になってくるくらいです。

ビニール傘は簡単に壊れると思います。10メートルくらいでも安いビニール傘はこわれてしまいます。

 

また海上では7月1日に台風がかなり接近することで、大しけとなるおそれもあるそうです。雨もかなり強くなるので十分注意してください。

台風7号2018空の便(飛行機)の影響はどうなる

では2018年の台風7号で飛行機が運航するのか欠航するのかはどうなるのでしょうか?

6月29日の段階ではまだ何も影響を受けていません。

今後の進路を考えると欠航する可能性は十分ありますね。

ただ飛行機は、台風が来ているから欠航、台風が来ないから運航という判断をするわけではありません。

飛べるか飛べないかの判断は、

風の強さ(風向き、風速)
視界の良さ(見晴らし距離、雲の高さ)

といったことなどを考えて総合的に判断がくだされるようです。

 

今回の台風7号では最大風速15メートルという予測が出ていますが、その風が飛行機に対して横向きとなれば、欠航の可能性は非常に高くなります。

飛行機は横からあおられる風に非常に弱いからです。離着陸にも影響が出る可能性があります。

ただ、風向きが正面からであれば、飛行機からすると横風ほどの影響は受けないようです。

 

飛行機が飛べるかどうかは、「台風が来ているかどうか」といったことで判断しているわけではありません。

風の強さ(風向、風速)と視界の良さ(見晴らし距離、雲の高さ)が飛行機の離陸・着陸に影響を及ぼすのです。

横風が一定以上の強さになると離着陸は制限され、欠航になる可能性が出てきます。

台風による影響で飛行機を欠航するか運航するかの判断は、運航管理者という人が判断を下します。

少し余談かもしれませんが、台風が来ていたとしても、空港の近くで大きな影響がなければ飛行機は問題ありません。

高いところを飛んでいるときは台風の影響はあまり受けないからです。ただ離着陸のときはもろに風を受けるのでそのあたりが判断基準になるようですね。

まとめ

今回は「台風7号2018沖縄九州へ上陸はいつ?予想進路や飛行機と津波は」ということについてまとめていきました。

台風7号は沖縄九州あたりで防風となって大きな影響を与えることはおそらく避けられないと思います。

旅行に行こうと思っている、もしくは旅行から帰る人は飛行機も欠航の可能性がありますので、そのあたりも十分気をつけておいたほうがいいと思います。

また飛行機は台風が来ているからといって必ず欠航になるというわけではなく、空港付近の天候にもよるので、天気予報、台風情報はこまめにみて、状況をチェックしておくといいと思います。